医療事務の仕事内容

医療事務は、病院の受付業務が一般的です。カルテ準備の他、医療報酬を算定して会計を行い、患者を送りだすまでが一連の仕事となります。また電話応対や、来客対応等の仕事なども行うことが大半です。月末などは、健保組合宛てにレセプトを発送する業務なども控えています。

医療事務の仕事が人気となる理由ランキング

事務員
no.1

安定した仕事ができる

医療事務は仕事を覚えてしまえば、安定して続けることができます。医療機関がなくなるということはほぼありませんし、丁寧に仕事を続けていけば、長期的に仕事を続けることも可能です。収入面でも安定しているので、生涯の仕事にしたいという方にもおすすめの職業といえるでしょう。

no.2

年齢を問わず仕事ができる

医療事務は年齢を問わず仕事ができるメリットがあります。学歴は必要としませんので、技術さえ持っていれば中卒・高卒生から携わることができます。もちろん年齢が高い方でも、定年退職後の第二の人生として医療事務の仕事に携わることができます。患者からも信頼してもらえる立場にいますので、やりがいが生まれます。

no.3

ルーティンで仕事ができる

仕事を生み出す場所であることには間違いありませんが、ほぼルーティンで仕事を回すことができます。手順さえ覚えてしまえば、スムーズに仕事を進めることができます。丁寧に仕事をしたい方や、「自分で考えて仕事を見つけることが苦手」という方でも医療事務の仕事であれば、自分のやるべき仕事を全うすることができるでしょう。

医療事務で働くメリット

医療事務の仕事は、身近でできる地域貢献とも言えます。医療事務は医療従事者ではありませんが、医師や看護師の仕事を円滑に進めるための「縁の下の力持ち」といった存在となりますので仕事にやりがいを感じることができます。

医療事務と医療秘書の違いについて比較

医療事務は病院事務・レセプト業務が主

医療事務は、病院の事務を行う仕事です。健保組合への請求事務手続きや患者の受け付けなどの仕事を引き受けます。また、医療報酬を算定し、患者へ請求する業務などもあります。医療機関の規模によっては、病院経理なども一挙に引き受けることがあります。

医療秘書は院長・医局秘書の仕事が主

医療秘書は、病院長や医局全体のスケジュール管理等の秘書業を主に引き受ける仕事です。指示によって文献を集めるほか、検体収集の指示を出すこともあります。医局の事務仕事を引き受けることもあります。また最低限、医療系国家資格などが求められます。

賢い求人情報の確認方法|医療事務で活躍しよう

女性

医療事務の求人を探す方法

医療事務の求人は、仕事探し情報誌や職業紹介所などではなかなか見つけることができないという現状があります。長崎など病院が多い地域では、病院の窓口に求人が出ていることもありますが、医療事務の有資格者などの条件が厳しいというデメリットがあるかもしれません。もし、医療事務の求人をスマートに探したいという場合は、医療系に特化した求人サイトを利用するほか、医療系派遣会社に登録して仕事の情報を待つことをおすすめしています。なぜなら、適性などを考慮して的確な医療機関へ配置してもらえるメリットがあるからです。

広告募集中